すぐに体重を落としたい!早く結果を出したい!と短期間で無理なダイエットをする人が増えていますが、極端なダイエットは、リバウンドしやすく体にも大きな負担がかかってしまいます。

内臓脂肪型肥満のダイエットと禁酒の効果

ダイエットをする滝には、どんな肥満型かを知っておくといいです。内臓脂肪型肥満は、別名ではリンゴ型肥満と呼ばれているタイプです。内臓脂肪型肥満は上半身が、まるでりんごみたいに太るのが特徴です。性別では女性よりも、男性に多いのが内臓脂肪型肥満のタイプです。お腹周りへのCTスキャンや、数値測定などによって、内臓脂肪型肥満かどうかを判断することができます。気をつけたいのは、内臓脂肪型肥満の場合は、生活習慣病などのリスクが潜んでいるということです。ダイエットが必要になりますから、今までの食事を見直して、運動の習慣も付けていくことになります。ダイエットを怠っていると、状態はもっと加速しますから、早めにダイエットのスタートを切ることです。

内臓脂肪型肥満というのは、内蔵に脂肪が必要以上に溜まってしまった状態です。下半身より上半身が太っていて、お腹周りはフルーツのりんごをイメージさせる形状になります。BMI値がたとえ25未満であったとしても、内臓脂肪型肥満である可能性を秘めています。通常の肥満度をチェックするときであれば、25未満のBMIであれば肥満には該当しないことになりますが、それとは少し違うのです。食事では、カロリーオーバーをやめましょう。栄養バランスが良い食事を、腹八分目食べて、よく動くことです。運動は、早歩きや軽いジョギングから、はじめて見るといいでしょう。

ダイエットのためには、禁酒するのも効果的です。お酒は適量を嗜むのはいいのですが、過剰に摂取するのはダイエットにも健康にもよくはありません。禁酒ダイエットのためになるというのにも理由があります。お酒は食欲を増進させますし、味付けが濃いものを食べたくなったりもします。過食防止のためにも、禁酒はメリットがあるのです。