やってはいけない危険なダイエット!

すぐに体重を落としたい!早く結果を出したい!と短期間で無理なダイエットをする人が増えていますが、極端なダイエットは、リバウンドしやすく体にも大きな負担がかかってしまいます。

無理なダイエットの危険性

最近になって体重が気になり始めて、ダイエットを始めようという場合、きちんとした知識を身につけてから行うというのが大切になります。

知識を身につけずに行った際のトラブルとして、体重は減っても体に別の問題が起きてしまうというものが挙げられます。たとえば、ほとんど食事を取らず、水も飲まないという絶食に近いダイエットを行った場合、体重は確かに減りますが、極端に減ることはありません。というのは、体が生命の危険を感じて、少ない食事量でも体重をキープしようとするからです。しかし、水を飲まなければ内蔵に問題が出ますし、また、食事を取らないと満足に動けなくなってしまうので、結局、体重は大して減らずに体だけ壊してしまうということになってしまいます。

ダイエットをするなら絶対に知っておいた方がいいことですが、一週間程度絶食したとしても、体重は数キロ程度しか減りません。しかも、減ったのはほとんど水分で、他人から見たら体型はまったく変わっているようには見えないということも少なくありません。自分の体重を減らしたいという人の目的として、他人に痩せてみられたいということが挙げられます。特に、女性の場合は、それを目標にする人が多いでしょう。体型が変わるように痩せるためには、体から贅肉がなくなる必要があります。食事量を減らしてから贅肉がなくなっていくのは、最低でも数週間程度はかかるので、一日から一週間程度、絶食しても意味がないのです。なので、長期的な計画を立てて体重を減らすようにしましょう。

無理なダイエットとして、もう一つよくあるパターンとしては、一つの物を食べ続けるというものがあります。たとえば、テレビ番組などで、この食品はダイエットに効果的という情報が流れると、その食べ物だけを三食食べ続けるというものです。これも非常に問題です。

というのは、基本的に、これだけ食べておけば大丈夫という食品は存在しません。人間はいろいろな食べ物から栄養を取る仕組みになっているのです。なので、同じ物を食べ続けていると、その食品には含まれていない栄養素が不足して体に問題が出たり、あるいは、その食品に含まれている物を過剰に摂取するという形になってしまい、やはりトラブルが出ることが考えられます。なので、必ず複数の食物を摂取するようにしましょう。

もし、それだと食べる量が増えてしまうと心配するのであれば、全体の量を減らしてカロリーをコントロールすればいいのです。